絵本200・クーくんツーくんとオバケ

作者・長 新太

文溪堂

クーくんとツーくんはふたごの靴の兄弟💡

二人がかくれんぼしてるとかくれてたツーくんが泣いていて😲

どうしたのかなぁとクーくんが見にいくと。。なんとぶくぶくに太ってしまったツーくんが😱💦

そんなツーくんの中からいろんな生き物が出てきて、最後に出てきたのはなんと大きな大きなオバケ😭!!

クーくんにまで足を入れようとしていたけど、そこはお兄ちゃん✨

そんなオバケをけとばしてグイグイふんづけて、最後はオバケがこわいよ~って逃げてしまった👍

そんな兄弟愛を感じるとても頼もしい絵本でした💕